専門学校で勉強しよう

日本の高齢化社会はとどまるところを知らず、今も着実に高齢化が進んでいます。核家族の増加や、結婚しない人も増えている背景もあり、昔のように家の中で家族だけで介護をするには難しい時代に突入しています。こうした背景もあり、多くの民間企業が介護の分野に進出している為、多くの介護サービスが登場しています。また、介護保険制度の開始も影響し、介護福祉士を必要とする職場環境がますます広がっていることは確かと言えます。

今後も多くの需要が見込まれる介護福祉士に興味があるという方は、資格取得の為に専門学校等への入学を検討されると良いでしょう。介護福祉士の資格を得るには、「国家資格を受験して合格する」「養成施設を卒業する」の二種類の方法があります。試験を受けて資格取得も大いに可能性がありますが、専門学校等を卒業することでも資格を取得できますので、介護福祉士への道が開かれています。ただし、今後改正される可能性もありますので、介護福祉士関連の団体や専門学校が発表するニュース等で、最新情報について確認を怠らないようにする必要があります。

介護福祉士はやりがいのある仕事でもあり、また就職率も高い職種です。人手不足の施設も多い為、これから検討されてみることをお勧めします。

推奨HP⇒大原学園専門学校

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容とは、日常生活が困難とされる高齢者、身体や精神に障害がある方に対して、食事や入浴、トイレ、外出、身辺の整理整頓等、生活上の身体介護を行う仕事になります。更に、本人への介護業務だけではなく、周りで介護を担っている家族に対して、どのように介護をするべきかという介護指導や、介護についての相談にのったりアドバイスをする役割もあります。

具体的には、食事、トイレ、衣類の着脱、入浴や身体の衛生管理を行う「身体介護」、食事、洗濯、掃除、身の回りの整理整頓、買い物等の日常生活における家事全般を援助する「生活補助」、周りの家族等の介護者に対して相談にのったりアドバイスをする「相談・助言」、介護対象者が孤立化しないよう、近隣住民の方との関係を築くために支援する「社会活動支援」等の業務を行っています。役に立っていることを日々実感できる仕事の為、やりがいのある仕事と感じる方も多く、根気強く接することで相手の反応も変わってきますので、大切な役割を担っています。

よく似た職種に「ホームヘルパー」がありますが、これは公的認定資格となりますので、国家資格が必要な介護福祉士は難易度が高くなり、取得するのに時間もかかる為、専門学校等への入学が効率的と考えられます。

専門学校で介護の資格

高齢化社会に伴い、介護の分野では人手不足とも言われる昨今ですが、資格の必要な職種の場合は、どのように勉強することが最も効率的で、資格取得がしやすいのでしょうか。資格の必要な職種としては、介護福祉士やケアマネージャー等がありますが、資格取得の為に、多くの方が大学や短大、専門学校に入学して専門知識を身に着け、試験に挑んでいます。

介護福祉士の就職先には、主に特別養護老人ホームやデイサービスセンター、老人保健施設、訪問介護センター、身体障害者施設等があります。求人数は多くありませんが、公立の福祉施設で就職した場合には公務員扱いとなります。介護の分野は体力を使うハードな仕事も多い為にしんどいイメージがありますが、介護系の補助器具や用具の開発が進んでいますので、労働環境も改善されており、これからますます必要とされる職種になることでしょう。

介護福祉士の資格を目指す場合、専門学校等の介護福祉士を育成するコース・学科に進む方が多いようです。専門学校でまず受験資格を得た後に、介護福祉士の資格を取得して就職する流れとなりますが、資格がなくても就職自体は可能です。その後、現場経験を3年以上積むことで受験資格を得ることができますが、長い時間を要する為、現実的に考えれば、専門学校等に入学することがお勧めになります。ここでは、今から介護福祉士を目指す方に少しでも参考になるように、介護福祉士の仕事内容について紹介します。