専門学校で介護の資格

Pocket

高齢化社会に伴い、介護の分野では人手不足とも言われる昨今ですが、資格の必要な職種の場合は、どのように勉強することが最も効率的で、資格取得がしやすいのでしょうか。資格の必要な職種としては、介護福祉士やケアマネージャー等がありますが、資格取得の為に、多くの方が大学や短大、専門学校に入学して専門知識を身に着け、試験に挑んでいます。

介護福祉士の就職先には、主に特別養護老人ホームやデイサービスセンター、老人保健施設、訪問介護センター、身体障害者施設等があります。求人数は多くありませんが、公立の福祉施設で就職した場合には公務員扱いとなります。介護の分野は体力を使うハードな仕事も多い為にしんどいイメージがありますが、介護系の補助器具や用具の開発が進んでいますので、労働環境も改善されており、これからますます必要とされる職種になることでしょう。

介護福祉士の資格を目指す場合、専門学校等の介護福祉士を育成するコース・学科に進む方が多いようです。専門学校でまず受験資格を得た後に、介護福祉士の資格を取得して就職する流れとなりますが、資格がなくても就職自体は可能です。その後、現場経験を3年以上積むことで受験資格を得ることができますが、長い時間を要する為、現実的に考えれば、専門学校等に入学することがお勧めになります。ここでは、今から介護福祉士を目指す方に少しでも参考になるように、介護福祉士の仕事内容について紹介します。