介護福祉士の仕事内容

Pocket

介護福祉士の仕事内容とは、日常生活が困難とされる高齢者、身体や精神に障害がある方に対して、食事や入浴、トイレ、外出、身辺の整理整頓等、生活上の身体介護を行う仕事になります。更に、本人への介護業務だけではなく、周りで介護を担っている家族に対して、どのように介護をするべきかという介護指導や、介護についての相談にのったりアドバイスをする役割もあります。

具体的には、食事、トイレ、衣類の着脱、入浴や身体の衛生管理を行う「身体介護」、食事、洗濯、掃除、身の回りの整理整頓、買い物等の日常生活における家事全般を援助する「生活補助」、周りの家族等の介護者に対して相談にのったりアドバイスをする「相談・助言」、介護対象者が孤立化しないよう、近隣住民の方との関係を築くために支援する「社会活動支援」等の業務を行っています。役に立っていることを日々実感できる仕事の為、やりがいのある仕事と感じる方も多く、根気強く接することで相手の反応も変わってきますので、大切な役割を担っています。

よく似た職種に「ホームヘルパー」がありますが、これは公的認定資格となりますので、国家資格が必要な介護福祉士は難易度が高くなり、取得するのに時間もかかる為、専門学校等への入学が効率的と考えられます。